株の初心者は投資顧問に頼るのも良い

株の初心者は、投資顧問から銘柄のアドバイスをもらう始め方も効果的です。
専門知識が豊富な投資顧問からアドバイスをもらえば、株の初心者でも銘柄選びからスムーズに行えます。
投資顧問は株などの投資運用について助言をする代わりに報酬を受けっており、大部分が定期的に独自に入手した値上がりしそうな銘柄の情報を教える形式です。

株の投資運用は資産を増やすために有効な手段ですが、初心者はまだ慣れていないので始め方に注意する必要があります。
投資顧問に頼ることで、それぞれの銘柄について調査する手間を省けるメリットも得られます。
現在所有している銘柄をまだ持つべきかどうかのアドバイスを受ければ、損失を小さくしながらも利益を最大化するという理想的な売買に近づくことが可能です。

株による損益は、元本保証がされていないので原則的に自己責任となります。
しかし、信頼のおける専門的な情報に基づいて判断することで、自分が入手できる一般的な情報だけで売買するよりも有利です。
特に、これから値上がりする可能性が高い銘柄の情報は、短期間で効率よく増やしたい時に役立ちます。
資金が十分にある場合には多くの銘柄を教えてもらえるプランを選ぶ等の予算に応じた選択ができる点も、初心者に人気がある理由の1つです。

株の初心者ではなくなった方も、自分の投資運用の参考になるので投資顧問からアドバイスをもらっています。
投資顧問だからこそ入手できる情報や専門家として分析した今後の値動きのレポートには、株に詳しい方にとってもお金を払うだけの価値があります。
株の銘柄を自分で調べる時間をカットすれば、教えてもらった銘柄を検討できるので有効です。

初心者に向けてお試しの銘柄情報を配信している投資顧問では、すぐに実力を確かめられます。
専門家の考え方が分かるレポートについても会員になることで読めるのが一般的で、株を始めたばかりの初心者にも理解しやすい内容だから勉強になります。

悪質な投資顧問の特徴とは?

悪質な投資顧問は、お金を払って契約するまで一切の情報を出さないのが特徴です。
とにかく儲かるというキャッチコピーで初心者を誘い込み、契約して所定の料金を払うまでは銘柄の情報を教えないパターンがよくあります。
逆に、優良な投資顧問では分析力に自信があるので、会員登録をするだけで限定的に情報を閲覧できるケースが多いです。

顧客にとって役に立つアドバイスをしている投資顧問では、実績からリピーターが増えていきます。
一方、悪質な投資顧問は繰り返し利用してくれる顧客があまりいないので、新規顧客をどんどん確保することに力を入れているのが普通です。
高額の支払いになるプランだけの投資顧問の場合は、信頼性をチェックしてから契約するのが賢明となります。

金融庁に登録をしていない投資顧問は、正規の手続きをしていないので悪質である可能性が高いです。
日本で投資顧問業を営む場合には金融庁への登録が義務づけられているから、ホームページなどで登録番号を確認しておきましょう。
会社情報として社長の名前や事業の拠点が記載されているのかどうかも、重要な項目です。

有料のコースでは、一定期間に値上がりする銘柄の情報を配信します。
自分が所有している株へのアドバイスもサービスに含まれており、上級のコースでは専属のアナリストがついてくれるのが一般的です。
悪質な投資顧問ではわざとサービス内容をぼかしているので、配信する銘柄の数や期間が明示されていない場合は慎重に検討しなければいけません。

通常の投資顧問は、顧客からの問い合わせに返答することから始まります。
営業マンが熱心に電話などで契約を勧めてくるのは悪質な投資顧問の疑いがあるため、しつこい営業はきちんと断るべきです。
契約を急ぐのは冷静に考えさせないのが目的だから、相手のペースに巻き込まれずに距離を置くのが大切になります。